湯たんぽで血行促進!美の基礎をつくる!

こんにちは
すてふぁにいです


みなさんは冷えた体を温めたいとき、どんなアイテムを使っていますか?

エアコン?
ヒーター?
使い捨てカイロ?

さまざまな種類の「温める」アイテムがある中…
すてふぁにいはとっても画期的なアイテムを見つけてしまいました!

それは、「湯たんぽ」です。

今日は。
女性の美を生み出す「湯たんぽ」の効能についてご紹介します。


湯たんぽ.jpg


スポンサーリンク








「湯たんぽ」が何故いいか?


体を温めるために「湯たんぽ」をおすすめする3つの理由がこちらです。

1.空気を乾燥させない
エアコンやヒーターは室内を温めるのに効率がいいアイテムですが、空気を乾燥させてしまいます。

その乾燥、テーブルの上に皮をむいたみかんを置いておくだけで実感できます。30分と立たないうちにみかんの表面がパッリパリに!

これと同じことが肌に起こっていると思うと、ゾッとしてしまいます。
が。
湯たんぽで体を温める場合は、このような乾燥を心配する必要はありません。
部屋全体を温めるというわけにはいきませんが、体を温めるには十分すぎるくらいのアイテムです。


2.ゆっくりと温度が下がる
湯たんぽの温度は80℃が最適と言われています。
その湯たんぽのお湯。
80℃でいれてから時間経過とともに緩やかに温度が下がっていきます。3時間ごとにお湯を交換するのがベストタイミング!この、ゆっくり自然と温度が下がるという温度変化が、睡眠の時にストレスのない心地よい眠りをあたえてくれます。


3.熱量が高い
一般的な電気毛布の熱量が約5万5000キロカロリーなのに対し、湯たんぽは13万キロカロリー。(沸騰した2ℓのお湯を入れた湯たんぽの場合)
内臓の機能の良し悪しは、その内臓にどれだけの血液が流れるかで決まるといいます。湯たんぽは体を温める熱量が大きいので体を芯まで温めてくれます。


もこもこ靴下(冷え性).jpg


美に働きかける「湯たんぽ」の効能


湯たんぽの温め効果は、女性の「美」をキープするのに最適な仕組みが出来上がっています。その基本の働きかけはこちら。


冷えた体の血行を促進する


女性にとって「冷え」は冬には特に気をつけなければならないことです。血行不良は必要な栄養分を肌の表皮に送ることを滞らせてしいまいます。老廃物の排出、肌の新陳代謝の低下などがくすみや肌荒れを引き起こすこともあります。
ですが。
湯たんぽを使うと「血行を促進」することが期待できます。
この「血行促進」が引き起こす5つの利点はこちらです。



1.安眠

「冷え」からくる血行不良は「頭部のうっ血」を引き起こし、不眠につながるケースはよくあることです。
眠る時に抱き枕のように湯たんぽをお腹に抱えると寝つきがよくなります。また、湯たんぽならではの緩やかな温度の変化が心地よい安眠をあたえてくれます。
お腹は1度冷えると基礎代謝が12%も低下すると言われていますので気にかけたいところです。


2.便秘

冬は特にお腹にガスがたまり、便秘になりやすい条件がそろってしまいます。腸を冷やすと腸の働きが悪くなりガス腹、便秘になりなりやすいのです。お腹にガスがたまっていると体内のガスが血液中に溶け込み毛穴から発散され体臭が臭くなることがあります。湯たんぽの自然の温かさが腸に働きかけリラックスをもたらし、便を出しやすくしてくれます。

3.むくみ、肩こり緩和

湯たんぽの暖かさは「痛み」を緩和してくれます。それは、湯たんぽが体を芯から温めてくれるからです。芯から温まった体は血行を良くし、むくみを改善、肩こりなどの痛みも緩和してくれることが期待できます。

4.生理痛緩和

生理痛の痛みは湯たんぽのじんわりした温かみで緩和できます。腰やお腹など生理痛は女性にとってやっかいな痛みです。痛い部分に湯たんぽをあてて温めると痛みが緩和されてストレスが解消されます。

5.内臓機能を活性化しリラックス
  
人は内臓の温度が1度下がると代謝が12%低下すると言われています。湯たんぽでお腹を温めることによって、内臓の循環血液量を増加させやすくなり、内臓機能が活性化します。内臓が冷えると精神的にも落ち込みがありひどいとうつ状態になる人もいるくらいです。内臓の冷えが自律神経の乱れを引き起こすことが原因といわれているので、めまいなどを起こす場合もあります。ゆっくりじんわりとお腹周辺を湯たんぽで温めるのは効果的です。


今日のひとこと


私たち女性はいつだって「冷え」と戦っています。健康的な体をベースに美しい肌、美しい髪を維持するには、外側からのアプロ―チだけでは根本的な解決となりません。体の内側から美の基礎をつくること。これが、美をキープする絶対的な方法だと思います。「血行促進」は美への近道です。ぜひ、冬の寒さを「湯たんぽ」で乗り切りってほしいです!

この記事へのコメント