こんにちは
すてふぁにいです


恋をすると女性はきれいになる…
って、よく言いますよね。

ちょっと前まで目立たない子だったのに、久しぶりに会ったらすっごくきれいになっていて圧倒されてしまった…なんて経験、ありませんか?

ホント、人って自分に自信がみなぎってくると、雰囲気も見た目もガラッと変わってしまうから不思議です。

すてふぁにいの周りにも、そんな女の子たちがいました。
最近でいうと、20歳くらい年下の元職場の部下。
一緒にお仕事していたころは、長い髪を無造作に束ね、お堅い感じのメガネをかけ、大好きなゲームやアニメの話ばかりしていたオタク系の印象でした。

髪バサバサの女性.jpg

しかし。

月に一度の女子会で再開したら、数カ月前からだんだん大人っぽく、そして女性らしく変化していき…
まわりからも
「なんか雰囲気変わったね」
「明るくなったね」
「おしゃれになったね」
「きれいになったね」
と言われるまでになっていました。

で、今では以前のイメージとはまるでちがう、きれいな女性に生まれ変わってしまいました。

美しい女性.jpg

結論から言うと、彼女がきれいになったのは、好きな人ができたから…!

好きな人ができただけでこの変貌ぶり!
これ、付き合うことになったらもっともっときれいになってしまうの???

手をつなぐカップル.jpg

正直、焦りました。

でも。

彼女のきれいになっていく姿をみているのは、すてふぁにいとしてもドキドキ、ワクワクさせられ、
「いったい何があったんだろう…」と、興味深々になってしまいました。
なんか、見ているとこちらまで恋愛している気分になってしまったのです。

で、最近…
そんな女性たちが変貌してゆく姿を楽しめる番組を見つけました。

それは「バチェラージャパン」です!

「バチェラージャパン」はAmazonプライム会員だけが見ることのできるコンテンツなのですが…

賛否両論あるようですが、すてふぁにいはとてもおすすめしたいので、その魅力、見どころをご紹介させていただきます!








バチェラージャパンとは

「バチェラージャパン」とは一言で言うと恋愛リアリティー番組です。
元祖はアメリカの「The Bachelor」という番組です。
ひとりの独身男性をめぐり、複数の女性が一定期間生活を共にし(部屋は別ですが)男性側が段階的に女性を絞っていき、最後に結婚相手候補を一人選ぶというもの。

形態は違いますが、恋愛リアリティーという意味では、「あいのり」や「テラスハウス」に近い感覚で見ることができます。
作りものではない生の人間模様を垣間見ることができ、ドラマでは味わえない人の弱さや狡猾さ、ときめきや挫折などをドキュメンタリー感覚で味わうことができます。

ちなみに「bachelor」とは独身男性という意味の英語です。
余談ではありますが、アメリカでは結婚前夜の新郎が同性同士でパーティーを開く「バチェラーパーティー」なる風習があり、ストリップ鑑賞をするのが定番となっています。

 
結婚式.jpg


バチェラージャパンの見どころ

「バチェラージャパン」の配信が始まったのは2017年2月17日でした。
ファーストシーズンのバチェラー役は久保裕丈。
東京大学大学院卒、元IT企業社長、趣味ボクシング、顔イケメンという凄いお方です。

初回を何となく見ていたすてふぁにい。
基本的にお笑い好きで、バラエティー番組のようなものしか見ないこのすてふぁにいが、まさか興味本位でちらっと見た「バチェラージャパン」の初回でドハマリするとは思いませんでした…

では、そんな「バチェラージャパン」の見どころです!


バチェラージャパン ファーストシーズン.png

【バチェラーが超セレブ】
先ほども紹介したように、バチェラーとして出演する男性が超セレブ!
ですが、そのバチェラーに挑む女性陣は一般人です。

バチェラージャパン 女性陣.jpg
モデルやタレントなど見た目はきれいな女性たちが挑んでいますが、この企画の中でなければほぼ出会うことなどないと思われる職業や家柄の女性たちです。

視聴者も一般人側ですから、同じ女性としてセレブ男性の心をつかむにはどうしたらいいのか…と興味深々です!
高学歴男性とどんな話題でもりあがるのか、どういったコミュニケーションをとっていくのか…
今後も絶対に出会うことがないであろうセレブ男性を、自分だったらどんな手段で挑んでいくのか…と女性陣の行動を見ながら自分と重ね合わせて妄想する…

そういった「シンデレラストーリー」を妄想させてくれるのが、このコンテンツの見どころの一つです。



【人間性が崩壊寸前!】
「バチェラージャパン」の見どころのひとつは「ローズセレモニー」という儀式。

これは、定期的に行われる式典で、バチェラーが女性陣をふるいにかける儀式です。
バチェラーは「残ってほしい」と思う女性たちにバラを渡すことでその意思を伝えます。

残酷なのは、これは式典ゆえに全員の前で行われるもの。

つまり、ローズを渡されなかったことが(選ばれなかったこと)すべての女性に知られてしまいます。
しかも、毎回落とされるのは1名~2名。
このローズセレモニーによりフラれるショックとプライドをずたずたにされるショック2つを味あわされることとなります。


ローズセレモニー.png

この「ローズセレモニー」で絶対にローズをもらいたい女性たち。
常にバチェラーの気を引こう、自分の存在をアピールしようとあの手この手を使って猛アピールします。

ファーストシーズンの女性陣は25人からのスタートでした。
これだけ人数が多いと、コミュニケーションをとるだけでも大変なこと。

気を引くために積極的にツーショットに持ち込む女性、そしてツーショットを邪魔する女性、何もできず指をくわえてみているだけの女性、泣き出してしまう女性、姿を消して心配させる女性…など。
初回から人間性が垣間見れます。

そして、回を追うごとに女性たちも少数になっていくと、そのアピール度が過激になっていきます。

嘘・ぬけがけ・裏切りなど、女性の本性が次々と現れるドキュメンタリー!

バチェラー 抜け駆け.jpg

見ているすてふぁにいは、自分が同じ性質をもつ女性であることも忘れ、女性の怖さを客観視し、面白がるという…

同性だからこそ共感できる部分や、応援したくなる女性がでてくるのも「バチェラージャパン」の見どころの一つです。



【監禁で洗脳される?】
回を追うごとに関係性も深まり、ひいきの女性や嫌いな女性などの好みがはっきりとしてくると、ふと我に返ることがあります。

すてふぁにいのような視聴者側からすると、ただただ一人の男性の心をつかむためだけに毎日を過ごす女性たちに違和感を覚える瞬間がやってきます。

視聴者は仕事や遊び、と現実世界で生きています。
けれど、バチェラージャパンの世界はバチェラーと女性が恋愛をするためだけに一定期間、いっていの場所ですごしている…

女性たちはバチェラー役の男性一人しかあてがわれていません。
だからなのでしょうか…
回も中盤にさしかかってくると、客観的に見ていてすこし「洗脳されている」感を覚えます。
冷静にみれば男性なバチェラーだけではないはずなのに、「バチェラーに選ばれなかったら最後」くらいの気合がどの女性にもみなぎってきます。

その本気度がたまに「洗脳」っぽく見えてこれもまた面白さがあります。



【疑似恋愛は楽しい!】
結局のところ何が楽しいって疑似恋愛体験できるところ!
バチェラージャパンの楽しさはそこに尽きます。

セレブ男性と出会うこともないすてふぁにいのような凡人が、バチェラージャパンを見ることで
ドキドキ、ワクワク、セレブと恋愛している気分に浸れること。
これにハマってしまうので、バチェラージャパンは病みつきになるのです。


バチェラー2.jpg

バチェラージャパンの今後の予定

ファーストシーズンで大人気となった「バチェラージャパン」
なんと2018年春、セカンドシーズンが配信されます!

セカンドシーズンのバチェラーは
小柳津 林太郎(35)
IT企業幹部


というイケメン独身男性です。


小柳津 林太郎.jpg

今回の女性参加者は20名。
セカンドシーズンはどんな人間模様、どんな恋愛模様を見せてくれるのかとても楽しみです。

セカンドシーズンで入手した情報によると、参加女性たちはスタートする時に携帯電話やスマートフォンの類を全部没収されてしまうそう。

本気で恋愛だけと向き合ってほしい!

制作者側のそんな本気度が伝わる恐ろしくもあるお約束事に、すてふぁにいはビビッてしまいました。

だからこそ、本気度の高いリアリティーある恋愛を見ることができるんですね。

セカンドシーズンも見逃せません!



バチェラージャパンを見るには

最後に。
「バチェラージャパン」を見るために必要なことをお伝えします。

「バチェラージャパン」をみるにはAmazonのプライム会員になることが必須です。

Amazonプライム会員は年額3900円、または月400円の会費を払うと受けられるサービスのことです。

prime nowやprime music
など、さまざまなサービスが受けられるのですが、「バチェラージャパン」はその中のサービスの一つ
primeビデオという沢山のコンテンツを視聴できるサービスの一環として配信されています。

「バチェラージャパン」以外にもダウンタウン松本人志の「ドキュメンタル」などの人気コンテンツも見ることができます。




今日のひとこと

「バチェラージャパン」の魅力、わかっていただけたでしょうか?
中にはくだらない!という声もある中、結局反響がすごいということは、皆「くだらない」とか言いながら、男性はバチェラーに、女性は出演女性たちに一喜一憂してみているのだと思います。

まだ見たことのないという女性!
ぜひ、一度お試しください!

疑似恋愛するだけでも、女性はきれいになれます!

すてふぁにいでした。