こんにちは
すてふぁにいです


私たちに必要な食事。
みなさんは食事に関して何を重要視していますか?

味つけ、いろどり、誰と食べるか、などなど、こだわっていることはありますか?

今日は。
食事はとり方次第で美肌をキープできる…というお話です。

美肌.jpg






賢い食材選びと食べ方

インターネットショッピングの影響で、欲しい物がなんでもすぐに手に入る時代になりましたが、食に関して言う「手に入りやすい」ことでさまざまな問題が出てくるようになりました。

それは、食品の品質に関する問題です。

・遺伝子組み換え
・残留農薬
・食品添加物

 
など、気になる言葉が飛び交っています。
こうなってくると、品質の良い食品を選ぶためには、食品表示や生産・流通のルートなどを知る知識も必要になってきました。
食品添加物はすべてが悪いものというわけではありません。
また、「〇〇不使用」などの表現もそれを使用しない代わりに代用の何かが入っているということもあるので、注意が必要です。
では、安全安心な食品、食材を選ぶにはどうしたらいいでしょう?


野菜.jpg

残留農薬を避けるには

・国産品を選ぶ
・有機野菜を選ぶ
・調理法を工夫する


形や色が多少悪くても安全なものを選ぶようにしましょう。
形や色をきれいに生産するために農薬を多く使うという事実もあります。
また、「有機」と表示されている野菜は、過去2年以上化学肥料を使っていない土地で作った野菜ですので信頼度は高いです。
さらに、使うときはよく水洗いすると安全です。


「食べ方」で栄養効率が変わる
食事の「質・量」を自分にあったものにするだけでなく、食べ方にも注目しましょう。
生体リズムにあった食べ方をすると

・脳が活性化する
・ダイエットの時の効果が上がる
・肥満解消
・生活習慣病になりにくい

 
というような効果があります。
朝食をとらなかったり、深夜に食事をとったりすると生体リズムが崩れ、せっかく同じものを食べたとしても体への影響は変わってきます。

食事をとるタイミング、食材の品質、そして家族や友達などとの楽しい食事はバランスもとれ心も満足します。


乾杯.jpg



免疫力を高める食べ方

外から侵入してきた細菌や異物と戦い、体を守るのが免疫です。
免疫力を高めるためには食べ方にルールがあります。

1.たんぱく質を採る
たんぱく質は免疫細胞の材料になります。
肉や魚、卵、大豆食品をまんべんなくとるのが理想です。


2.食物繊維をたくさんとる
野菜やキノコ、海藻類が多く含む食物繊維、βカロテンやビタミンC・Eには免疫力を高める力があります。

3.魚介類、殻類、野菜、乳製品などのミネラルをとる
これらに含まれるカルシウムや亜鉛、セレンなどは、免疫細胞を増やし活性化してくれます。

4.調整作用のある食品をとる
乳製品に含まれる乳酸菌は調整作用があります。
腸内細菌のバランスを整えると免疫細胞が働きやすくなります。




抗酸化力を高める食品

細胞を錆びつかせる「活性酸素」は老化原因の一つです。
細胞が錆びついてもろくなると、肌荒れや生活習慣病の原因になります。
食生活でそれを補うためには、抗酸化作用のある食材を摂取するのがいちばんです。
βカロテン、ビタミンC・E、フィトケミカルなどは抗酸化作用が強いのでおすすめです。

抗酸化ビタミン ブロッコリー、鮭、人参、アーモンド、かぼちゃなど

フィトケミカル 玉葱、トマト、シメジ、生姜など

今日のひとこと

美肌をキープするには、免疫力と抗酸化作用を高める食事の仕方をすれば効率がいいということがわかりました。

まったく同じ食材をつかったメニューを食べるとしても、時間帯や食べるタイミングによって体への影響がかなり違うということは驚きでした。

だからこそ、せっかく同じ物を食べるなら自分の生体リズムを知って、タイミングのいい食生活を送るのがベストですね。

成分表示に関しても、もっと詳しく勉強しておいた方が正しい知識を得られ、自ら品質のいい食品を選んで買うことができるとわかりました。

冷静に考えれば、人は食べ物で成り立っているのだから、食生活は充分に気をつかいいいリズムで摂取することができれば、美肌どころか健康だって維持できるのです。

すてふぁにいでした。